名前は、まだない。

you can ( not ) redo.

ネット時代のひょっこりひょうたん島とは。

僕の知っている方の名前が、電波や電子、紙といった多様なメディアで放映・掲載されていた。

 

総務省の情報通信白書によれば、スマートフォンの普及率は56.8%、モバイル端末全体でいえば83.6%(いずれも2016年度)と、ほぼ国民全体が何らかのモバイル端末を保有しているとのことである。その気にさえなれば、調べようと思ったことを検索バーへ打ち込むことで、知りたい情報を調べ上げることが極めて容易になった世界に今僕らは暮らしているのだ。

 

それは僕らの生活を大いに便利にした一方で、ジョージ・オーウェルの『1984年』のような、監視社会、それも相互に監視しあえるような社会を生み出してしまったともいえる。

そんな社会の中で、自分の名前が大きく社会へと知られるようになった時、僕らはどうしたらよいのだろうか。

 

 

井上ひさしは『ひょっこりひょうたん島』や『吉里吉里人』で独立国家としてのユートピアを模索し続けた作家である。特に、『ひょっこりひょうたん島』は『吉里吉里人』に比べ、よりユートピア国家としての側面が強く描写されている。そのネーションを構成するのはドン・カバチョ(政治家)、サンデー先生(教諭?)とその教え子たち5人、トラヒゲ(海賊)、マシンガン・ダンディ(マフィア)、ムマモメム(医師)など、バックボーンが様々なキャラクターたちだ。

出自も経歴もバラバラな彼らだが、ひょうたん島を中心に起こる様々な出来事を乗り越え関係を深め、遂に象徴的なエンディングを迎えることとなる。紆余曲折あってひょっこりひょうたん島は国連へ加盟するチャンスを得るが、結局それを断り、独立した共同体として漂流を続ける道を選択するというものだ。

 

このひょっこりひょうたん島五族協和的な、ならず者だろうが何だろうが、すべてを受け入れる寛容さを持ち合わせたユートピア国家共同体であることは間違いないだろう。ただ、井上が物語の中で作り上げたこの共同体を、SF的想像力として僕らは捨象しても良いのだろうか。

 

その気になれば手元の端末で様々に知ることができるようになった時代。僕らの時代の『ひょっこりひょうたん島』はどこにあるのかを考えたい。

たとえば何らかの理由により名を残す形で社会からドロップアウトした時、ネット時代の今、ひょっこりひょうたん島のような逃げポイントはなかなか見つからない。

今は、この国を出て行くことが『ひょっこりひょうたん島』への最善の近道なのではないかと思う。

 みんなはどうでしょうか。

 

P.S.

ふるさとは遠きにありて思ふもの そして悲しくうたふもの よしやうらぶれて異土の乞食となるとても 帰るところにあるまじや(室生犀星

【夏にやりたいことリスト】

▢とりあえず簿記1級をとるための勉強。

▢ついでに漢検準一級も頑張ろうかしら。

▢資格は裏切らないよねってことでITパスポートの取得。

▢自分で課題図書を決めて最低10冊くらいは読みたいよね。

 □坂口安吾堕落論』、角川文庫

 □アガサ・クリスティーアクロイド殺し』、早川文庫

 □井上ひさし吉里吉里人(上・中・下)』、新潮文庫

 □アースキン・コールドウェルタバコ・ロード』、岩波文庫

 ✅サン=テグジュペリ『夜間飛行』、新潮文庫

 □ガルブレイス『ゆたかな社会 決定版』、岩波現代文庫

 □ポール・ウィルス『ハマータウンの野郎ども』、ちくま学芸文庫

 ✅E.H.カー『歴史とは何か』、岩波新書

 □竹内洋教養主義の没落』、中公新書

 □ブレイディみかこ『子どもたちの階級闘争 ブロークン・ブリテンの無料託児所から』みすず書房

✅古本屋で気になる本を見つけてみよう。

▢夏休み期間中最低でも10日は図書館で過ごそう。

資生堂パーラーでおいしいパフェを食べたい。

✅ナイルレストランのムルギーランチも食べたいな。

▢色んな人とごはんを食べ、盃を酌み交わそうではないか。

▢洋食GOTOOのカニクリームコロッケをおかずに買って帰りたい。

▢おいしい冷製パスタのお店を見つける。

▢暑い夏にぴったりの半袖シャツがもう一枚欲しいな。

✅夏の格好に合うようないい感じのトートバッグを見つける。

▢できる限り犬の散歩に行ってあげよう。

▢犬の写真を今のうちにたくさん撮っておこう。

✅たまにはおうちでごろごろしたっていいじゃない。

▢積み残したキングダムハーツHD1.5+2.5を頑張ってクリアしよう。

▢絵葉書に暑中見舞いor残暑見舞いを書いて誰かに送りたい。

✅サークルに陣中見舞いでも持っていこうかな。

✅そうだ!京都に行こう!

秩父に行って祭の湯でチルアウトだ!

✅お気に入りのガラスコップを割ってしまったので良い感じの新しいやつを買おう。

ダノンプレミアムの馬券が買えない。

f:id:blackrock727:20180531120746j:plain

競馬をしっかりと見始めてから初めての日本ダービーを迎えた。


新馬からしっかりと見ているわけではないにわか競馬ファンとしては、この日にどう向き合うべきなのだろうかということを考え続けた1週間だったと思う。

 

自分が買った馬券を振り返りたい。
三連複BOX 

◎⑫エポカドーロ

〇⑧ブラストワンピース

▲⑥ゴーフォザサミット

△⑩ステイフーリッシュ

△⑮ステルヴィオ

 

1番人気の馬、ダノンプレミアムをこの中に含めることはなかった。というか、できなかった。

なぜか。あまりにも眩しすぎるからである。

同世代馬6955頭の中で1番人気という格の違いに僕は手を出せなかった。
サラブレッドと呼ばれる、優秀な血統のもとに生まれ、その血統に甘んじることなくさらに努力を重ね、レースで勝ち上がり続けて1枠1番という位置づけまで果たした、栄光街道をまっしぐらに突き進むその眩しさは、常に2番手3番手という位置取りの人生を歩んできた僕にとってはとても手を出せるものではなく、単勝で買うことさえもはばかられるといった気持ちであった。

 

その点「シルバーコレクター」として名高いステイゴールドはとても馴染み深く、その産駒も頑張れといった感じで応援がしやすい。今回も⑩ステイフーリッシュを3連複に含めた。⑭エタリオウもステイゴールド産駒なのだが、迷った末にステイフーリッシュにした。特に理由はない。名前に惹かれた、というだけである。

 

結果を振り返れば、⑰ワグネリアンが1着。福永祐一騎手が19年越しにダービージョッキーとなって第85回日本ダービーは幕を閉じた。

 

1番人気のダノンプレミアムは6着で2400mを走り切った。
競馬は何が起こるかわからない。ダービーは「最も運のよい馬が勝つ」ともいわれることもある。にわかの僕には何が敗因で、どうしたらよかったのかということはわからない。ただ、少しほっとしている自分がいる。あれだけ「勝つ」と期待をかけられ続けてきても、裏切るではないが、応えられなかったのは、馬券師にとっては怒り心頭といったところだと思うが、やはり完璧ではなかったという嬉しさがある。

 

今回の負けで、ダノンプレミアムにどこか親近感が湧いたのは僕だけだろうか。
寺山修司は「競馬ファンは馬券を買わない。財布の底をはたいて「自分」を買っているのだ。」といった。

大舞台のここぞというときに真価を発揮できなかった馬。大舞台を避けるように生きてきた自分。全然似てないけれども、ここぞというときに力を発揮できなかった馬の方が僕の性分に合っているような気がする。

 

だからこそ、次のレースはダノンプレミアムの単勝を買ってあげたい。

 

 

会話のキャッチボール

「(入店しているので)ご注文よろしいですか?」

に対して

「(友達迎えに来ただけで)すぐに出ていくので大丈夫です!」

という返答の噛み合わなさ。

 

20億光年の隔たりを感じた。

 

挽歌

百貨店の死は、時代の流れなのかもしれない。

僕らの中の「特別」な時間を与えてくれる場所としての百貨店は、もう必要とされていないのだろう。

 

 

松戸伊勢丹が、閉店した。
この街の誇りと言ってもよいくらいだった。


伊勢丹には思い出がたくさんある。

七五三のお祝いの会食を、築地植むらでやったことも。米寿の祝いを銀座アスターで開いたことも。誕生日のケーキを地下のアンテノールで買ったことも。アンデルセンのミニバラを英会話塾の帰りに買ってもらったことも。うれしいことがあった日に、ちょっと奮発してカップにアイス2つ乗っけてもらったことも。

 

挙げればキリがないが、そういう自分の中での「特別」を、ささやかながら祝い続けてきたのが僕の中の伊勢丹像だ。

 

それが終わる。

 

 

結果的には、市民はもう「特別」を求めていなかった。

 

伊勢丹の写真室で写真を撮ってもらうことの特別感。自分が愛されているということの確認。

百貨店の喪失は、愛の喪失といってもいいかもしれない。

 

そういうお話でした。

跡地は、きっと住友不動産あたりが買い取ってタワーマンションにしてしまうと思うので、寂しくなりますね。

 

 

 

 フランク・シナトラ的に言うならば

「倹約を美徳とするならば、愛しい時間は何になる…?」

何もかも、あの机と椅子がセットになったモノが悪い。

f:id:blackrock727:20180201230722j:plain

何なんだこの机と椅子がセットになったやつ。最悪だろ。

 

前の奴の貧乏ゆすりが後ろに座ってるこっちまで響いてくるし。

 

しかも動かせないし。

 

これこそが大学の自由を剥奪している根源だろ。


空間デザインとして最悪じゃないですか? 机と椅子が動かせないって。

これじゃあコミュニケーションの向きが教室前方から後方に向けての一方向になって、活発な議論とかできないよ。

 


たぶん小中高の最大の強みはここにある。

 

つまり「机と椅子が分離した状態で与えられて、かつ自由にそれを移動させることができる」こと。

 

大学とかで目指されるシティズンシップだとか教養教育だとか、そういうものの始まりというか第一歩は他者との対話や議論が必要だ。

 

つまりは双方向的な意思伝達が必要となってくる。

話し合いの場としては、お互いが机を突き合わせて向き合えるというのが空間デザインとしては最適じゃないだろうか。資料も置けるし。

 

小学校の授業とかで「みんなと話し合ってみましょう」と言われたときに自分の机と椅子を動かして班の形にしたと思う。

それって人類が長い歴史をかけて考えてきた対話の形の中で(今のところ)最も優れた形であるのは間違いないと思う。初等教育の中に組み込まれるくらいだし。国語とか算数とかと同レベルで重要な気づきを与えているのではないだろうか。

 

この小学校から綿々と受け継がれてきた班の形というのが、大学になって突然消滅してしまうのはなぜなのだろうか。検討の余地はありそうだ。ちなみに1970年代にはすでにあったという。父親談。

 

双方向の意思伝達をするときというのは、お互い向き合うことが一番伝わる度合いとしては強いというのはきっと先行の研究であきらかになってるはず。知らんけど。僕はそう信じてるけど。

 

しかしこの机をよく見てほしい。横の人と話す分にはいいけど、後ろの人と話すには自分が相手に対して垂直方向に座らないといけないのだ。会話のキャッチボールが成立しづらいったらありゃしない。最悪だ。聞く耳半分にもなるだろう。

言うならば、ピッチャーは振りかぶって第1球をキャッチャーに向かって投げなければいけないのに一塁に向かって思いっきり牽制球を投げてるみたいなもんだ。違うか。

 

にしても大学の授業で求められる活発な議論はこの机じゃちょっと厳しそうだ。

カルチェラタンもどこへやらといった感じだ。

 

学園祭にしたって、こんだけ可動不可な机の教室ばっかりじゃ、やれることが限られてきちゃうと思う。

 

もちろんすべての教室がこうというわけではない。きちんと可動式の机と椅子が整備されている教室もある。

都心の大学においては土地も狭く、どうしても大人数を裁かないといけない方法としてこの方法は至って合理的な配置だ。

 

ただ、自由の学府を謳っておいて、ゼミ教育が早期からやってることをウリにする大学ならもう少し机と椅子を自由に動かせる教室があった方がいいんじゃないという話。

あとは10号館の教室は足音がめちゃめちゃ響くのどうにかしてもらいたい。

 

 

お風呂上がりの殴り書きなのでご容赦。

 

 

タバコの日


f:id:blackrock727:20180114204425j:image
大人になるとは恰好良くタバコが吸えることと見つけたり。

 

新世紀エヴァンゲリオンに出てくる加持リョウジという男はとにかくカッコイイ。

身長が高く、シャツは少し崩して、そしてタバコを吹かす。

 

「これがいわゆる大人なのか」と幼心に深く刻まれた覚えがある。