名前は、まだない。

Twitterやってます.

”日本”の大学で「学ぶ」ということ

どうもどうも、ご無沙汰しております。

 

久方ぶりの更新です。読者のみなさん、大変お待たせしました。

 

 

最近はめっきり”秋の長雨”らしく、パッとしない天気が続いていて、

夏の終わりをひしひしと感じています。

 

 

みなさん夏を楽しめましたか?

 

僕は働いてた思い出が強めです。

 

僕の話はどうでもいいですね。 

というわけで、早速本題に入らせていただこうかと思います。

 

今回は「日本の大学で『学ぶ』ということ」

 

これは今夏の最大のテーマでもあって、8月くらいからずっと考えたり資料読んだりしてました。(文章化が遅れて申し訳ないです)

 

 

みなさんは、大学をどのように捉えてますか?

 

 

”とりあえず適当に通って、卒業して、いい会社入るための踏み台”

とか

”サークルとかで、友達恋人作る場所!”

とか

あくまで自分の偏見な部分があるので何とも言えませんが、ほとんどの人が最初に挙げたた

”いい会社(大企業)入るための踏み台”

なんて、考えているのではないですか?

 

先日、こんな話を聞きました。

 

「大学の学園祭を運営する運営委員会に入ってます。そこは申し込んだら必ず属せるというわけではなく、人数が多いため、抽選制にしています。

その倍率は何十倍、下手したら100倍近くまでいくみたいな話を聞きました。

もちろん私は、高校の時も文化祭実行委員やったりしてたから、大学のもやってみようかなっていう気持ちもあったのですが、実は先輩からこういう話を聞いちゃって…。

 

『この学園祭の実行委員をやってたっていうと、結構就職しやすいらしいよ?先輩もみんな一流企業の就職決まったっていうし。』

 

だから、口は悪いですけど、半分就職目当てなところもあります。

たぶん他の人も同様の話を聞いて応募したから、とても倍率が高いんだと思います。」

 

これには私も驚きました。

生活のほとんどが”就職”を意識した行動になっているということにです。

 

ここで僕が言いたいのは、本当にそれでいいのですか? ということ。

 

何のために授業を選び、単位を取り、卒業するのか。

 

いわゆる”楽単”と呼ばれ、興味が無くても簡単に単位が取れる授業ばかり履修することを考えていませんか?

 

私がここで言いたいのは、楽単じゃなく、リベラルアーツ的な勉強をしてはどうか、ということです。

 

こんなこというのは正直申し訳ないし、これがきっかけでTwitterをブロックされても自己責任なんですが、少しだけ脱線させていただきたいと思います。

 

うちの大学にも他の大学と同様、いろんなサークルがあります。

 

前に述べた美術館巡り部から普通のテニスサークルまで。

 

その中で、同じ1年生が立ち上げたサークルがあるんですね。

 

そのサークルの活動の一環で、大学の授業に関するアンケートフォームが私の元へも回ってきました。

 

上から目線な評価でこれまた申し訳ないのですが、企画自体はとても斬新なものだと思いました。

ただ、これは”楽単”を見つけ出す作業のような気がします。

 

決して私は楽単を取るなとは言いません。単位を効率的に取って卒業し、就職してください。

 

では本筋に。

 そもそもうちの大学でやっている「全学カリキュラム」は他の大学でも同様の制度が取られ、一般教養科目、略して”パンキョー”なんて蔑称がついています。

 

これは海外のリベラルアーツ教育を取り入れようという動きの中でできた制度です。

うちのホームページでは、このような紹介となっています。

専門分野の枠を超えた幅広い知識と教養、総合的な判断力と優れた人間性を養うことを目的とした、全学部の学生を対象に、全学部によって運営される共通のカリキュラムであり、まさに「リベラルアーツの立教」を具現化する、大学教育のあたらしい「かたち」と言えるでしょう。

 

全学共通カリキュラムでは、このようなリベラル・アーツ教育を「教養ある専門人の育成」ではなく、「専門性にある教養人の育成」を目指すものとして位置付けられています。

 

最後の部分、「教養ある専門人の育成」ではなく、「専門性にある教養人の育成」というところ。

 

僕が思うに、前提が間違ってる気がするんですよね。

これ、逆ではないのかと。

 

日本国内で数えるほどしかない”海外式の”リベラルアーツ教育を行っている、東京大学を例にとって考えてみたい。

 

東京大学は、入学後2年間、全学生が教養学部という学部で学び、その成績如何で類型に沿った進路振り分けが行われます。

ただ、特徴なのは、入った類型に囚われることなく、進振りの段階で文系の理転・理系の文転が可能になっているということです。

 

これが日本の最高峰高等教育機関なのです。

 

 自分の専攻(メジャー)を選ぶ前に、文系理系の区別なく様々な授業で学んでいます。

 

元々理科3類で入学してきた学生が、大学では「不敬文学」についての授業を受けている、なんて光景がよく目に入るそうです。

 

そして、そのような生徒に限って、面白いレポートを執筆してくるというのです。

 

 

ここからは、少し日本の大学制度についての批判を書かせていただきます。

 

そもそも、「〇〇学部」というのがあるのは日本くらいです。

 

では、海外は?というと、学部はありません。

 

入試制度自体も、〇〇大学△△学部の試験を受ける、というよりも、大学自体に入学するために試験を受けるといった制度です。

 

例えばドイツでは、「アビトゥーア」というギムナジウム(日本でいう高校的な、本来は8年間一貫の中等教育機関)の卒業試験を合格することで、原則どの大学にも(行こうと思えばベルリン大学にも!)行けるという制度になっています。

 

入学後は、大筋2年間の基礎科目を履修したのち専攻を決めるという制度で、東大やICUが同様の制度を取っています(2回目)

 

なぜ大きく遠回りするのかと言えば、そうすることで、幅広い見地を身につけることができて、物事を多角的に考える力が身につくからなのでしょう。

 

さっきからリベラルアーツリベラルアーツって、具体的に何を学んでるの??って方もいると思うので、話します。

 

リベラルアーツは「三学四科」を学ぶことが源流となっています。

三学とは、「文法学」「論理学」「修辞学」

四科とは、「幾何学」「算術」「天文学」「音楽」

です。

 

そこには文系理系という区別はありません。

そもそも海外では「経済学」は”理系”ですし、心理学も”理系”です。

 

海外での唯一の区分である”arts&science"のartsとは、「人工物」つまり、人によって作られた世界を紐解く学問というわけです。(だから”arts”)

人工の反対は、自然。神が作った世界のありのままの、”nature”の姿を紐解く学問というのがここに当てはまります。(だから”science”)

 

僕の考えとしては、日本の大学も同様の仕組みにしてみたらどうなのかな、と考えています。

 

2学期に入って、益々次のような話を聞くことが多くなりました。

 

「経済学部やめたい」

 

いや、まぁ辞めてもいいんじゃない?とは思うんですが、今回はそういうことではなくて、この言葉にすべてが詰まってるといっても過言ではないのか、と思うのです。

 

つまり、「学部の枠にとらわれて勉強したくない」ということです。

 

受験生のころ、あなたは学校とかで「進路はどうしますか」って聞かれたことがあると思います。

その時一緒に「将来何になりたいの」って聞かれませんでしたか?

 

あなたはその時、どう答えましたか?

 

もし、なりたい将来が描けているなら、そこだけに一直線に向かうだけでなく、少し大学で回り道していろんな世界に触れてからもう一回考え直してみてほしいです。

 

もし、なりたい将来が描けてないんだったら、尚更いろんな世界に触れて進路を考えてほしいのです。

 

その為に必要なのが、真のリベラル・アーツ教育なのです。

 

その為に必要なのが、「学部の解体」「入試制度改革」なのです。

 

少し前に「文系学部不要論」が話題になりましたが、いっそのこと全学部不要にしてみてはどうなのでしょうか、と日本の大学に問いたいです。

 

実は今一人リベラルアーツをやってます。

 

一応なりたい職業とかは決まってるんですけど、それだけやるのももったいないと思って色々回り道してます。

 

きっとその回り道した分野とやりたい分野が、思いがけない形でつながることがあるんじゃないかな?

 

※補足※

もう少し就職遅くてもいいんじゃない?

 

案外企業は”大学生”に期待してないんじゃない?

 

だって三年生の時点で内々定貰うって、大学の事信用してないじゃん?

 

てか新卒で大企業にはいらなくてもいいんじゃない?

 

アメリカ式の中途採用でいいんじゃない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 では、失敬。